妊娠中にサロン脱毛が出来ない理由

妊娠中にサロン脱毛が出来ない理由

妊娠をすると、ほとんどのサロンで脱毛ができなくなります。
多くの人が施術に使用する光が胎児に影響を与えると考えがちですが、実は施術に使用する光は胎児に影響はありません。
理由は妊婦中の体の変化にあります。
女性は妊娠すると、ホルモンバランスが通常時と変わってきます。

毛周期と体と期間について

そのため、今まで気にならなかった部位のムダ毛が気になったり、産毛が濃くなったりする傾向があります。
また今までは何も起きなかったお手入れで、肌トラブルを起こしてしまう場合もあります。
そして一番心配されるのが、体調面です。
サロン脱毛では痛みは少ないものの、多少の刺激は起きます。
その痛みが妊娠中の体に刺激となり、体調不良を引き起こしてしまったり、また陣痛などに繋がってしまう可能性もあります。
このように母体と胎児の健康を守るために、妊娠中は施術ができなくなっています。

永久脱毛とは医師が行う施術です

妊娠しても安心できる契約プラン

では、妊娠してしまった場合でも損をしない契約方法とはどのようなものなのでしょうか。

学割を使って全身脱毛を行うメリット

まず、サロンによって妊娠中に対する処置の方法はさまざまです。
休会扱いにしてくれるサロンは、産後生理が2〜3回来たら再開可能などの目安を提示してくれます。
期間契約をしている場合では返金または退会という形をとる場合もあります。
この、契約時のプランによって、損をしてしまう可能性があるのです。
それは、期間が決まっているプランです。

6回で脱毛するエタラビとは

例えば1年6回コースなどのプラン契約の場合1年を過ぎてしまうと無効となってしまったり、また途中での退会の場合、退会手数料が発生する場合があります。
エステではカウンセリング時に妊娠した場合の処置方法をきちんと説明してくれるところと、質問しなければ触れてこないところがあります。
契約する前に、きちんと通えなくなった場合の処置方法を確認しておきましょう。
妊娠する予定のある人は、期限のあるコースではなく、無制限の回数制や、永久保証のあるサロン、または都度払いの出来るサロンを選んだほうが間違いありません。
また、産後は子供中心の生活となってしまい、なかなか自分の時間を作ることが出来ません。
そのため、無制限のプランなどで契約していても、結局通えなくなってしまうというパターンがとても多いです。
結婚前の自分に使える時間とお金に余裕があるときに、しっかりとサロン脱毛を完了しておくことが一番安心できるでしょう。